FC2ブログ

個展の人形・その6

  • 2015/11/02 17:36
  • Category: works
猫って、なんとなくわかる。

自宅で飼育経験があるのは犬と猫と兎と魚類とカメと、ザリガニや越冬しない昆虫。
相手が取る私との距離が違うだけで、どの動物も生き物には変わりない。
猫の持つ距離感は、私にちょうど良かった。

特に資料見なくても作れるのは猫だけ。
猫は根本的に、猫という種類ひとつしか無いような気がしてしまう。

「内猫?外猫?」と飼猫の飼育環境のことを尋ねたりするけれど
この人形はずっと家の座敷にいるかんじです。

cih_2.jpg

「おうちねこ(姉)」

三毛猫の姉さまは、すまして座っております。

cih_4.jpg

三毛猫には着物の古布がよく似合う。

cih_3.jpg

足袋も履いております。
明日は(妹)をご紹介しますよ。


*****

◯鈴木千晶個展

場所:東京/東銀座/靖山画廊

期間:11月13日(金)〜27日(金) 11時〜19時 日祝日定休

個展の人形・その5

  • 2015/11/01 11:48
  • Category: works
細くて丸い組紐を見ると、着物姿の人形が作りたくなる。
人形の着物用素材を揃えるときに一番むつかしいのは、帯締め。
ちょうど良い太さで使える色で、細かく糸が組んであるもの。
ゴムみたいにビヨーンと伸びちゃうと着物が台無しだし・・・

女の子を作ることのほうが多いから
平組ではなく丸組の紐で好みの色があれば、迷わず買うようにしている。

koten_alc_3.jpg


『アリス』

ぬいぐるみの兎は、遊び相手。

koten_alc_2.jpg

かんざしにはシルバーとアメジストのパーツ。
こらこら、そんなにトランプ散らかしちゃダメでしょ。

koten_alc_1.jpg

個展の人形・その4

  • 2015/10/30 16:55
  • Category: works
私の誕生月は1月です。
1月にはいつも、祖母が丹精した庭に水仙が咲いていました。

極寒の中で咲く水仙はとても繊細そうに見えて、きっと人が手を入れなければ
育たない花なのだろう、とずっと思っていました。

ところが。熱海に来てから、山肌に小さくスッと一輪だけ咲くその姿を見て
ああ、そうではなかったんだ、と。
散歩がてら必ずその道を通っては、その凛とした小さな白い花を確かめていました。

suisen_1.jpg

『水仙』

時には熱海の強い風に吹かれながら、根が動かない植物であっても
毎日何かを見て感じながら、生きているような気がしたのです。

suisen_3.jpg

たくさんじゃなくていいの。
たったひとつの花が、それでも教えてくれることがあるんだね。

suisen_2.jpg

ずっと私の胸に焼き付いていた、冷たい空気の記憶。

個展の人形・その3

  • 2015/10/29 17:58
  • Category: works
私は素材を提供してくれている人に、とても感謝しています。
それは手芸店だけではなく、古布商・雑貨屋・紙店・ホームセンターから古書店も含めて
果ては浜辺に漂着する流木や道に落ちている小枝まで、とても幅が広いのですが
手にした素材がイメージを妄執させることが、本当によくあるのです。

自分の中にいつも無数のアイデアがある、というわけでは決してなく
ひとつの素材から広がる場合が多々あります。
それが幾重にも重なるならば、なおのこと。

この、星のプリントが入ったベルベット生地を、ふさわしい夜の形にしよう。
そう思いました。

bn_1.jpg

「美しい夜」

写真ではわかりにくいのですが、星の形にラメプリントされた生地を
たっぷりとギャザーを入れたコートにしました。

bn_2.jpg

ビーズ屋で見つけたスモーキーなパールは、その「美しい夜」にふさわしかったので
布を買ったその日に入手しました。

衣装の参考にしたのは、古書店で見つけた中世ヨーロッパの資料で
布とビーズが眠る頭の中で、普段行かない本屋へ行って見つけたものでした。

重なりあった必然の中で、当たり前のように形は生まれてくる。
そんなふうに自分自身とは別のものから、私の人形は出来上がっています。
これを感謝なくして考えることは、難しいのです。

個展の人形・その2

  • 2015/10/27 20:23
  • Category: works
私は、とてもツバメが好きです。

タイシルクのダーツがかかった布を見て、必ずツバメのドレスを作れると確信し、
その子が羽ばたくために履くブーツのカカトは、ケミカルウッドを削りだしで誂えました。

tubameg_2.jpg

より詳細に言うならば、営巣するツバメが飛び交う姿を、毎年楽しみにしているのです。

tubameg_3.jpg

縦横無尽に空を切る、小さな存在。
ピヨピヨと親の姿を見れば夜昼と無く響く、ひな鳥の鳴き声とクチバシ。

大好きなのに、とても後悔している過去がある。
アスファルトの端っこでその亡骸を確認したのに、土へと葬ってあげる余裕が無かったこと。
ごめんなさい、と何度も何度も振り返るあの小さな亡骸。

ひな鳥たちには、遠くまで羽ばたいて欲しい。どこまでも。

tubameg_1.jpg

丸の内丸善でどうぞ

  • 2015/04/14 09:07
  • Category: works
明日4月15日(水)〜21日(火)まで、東京駅北口にあるオアゾ内、丸の内丸善
4階のギャラリーで、恒例の創作人形展「春」が開催されます。

私は新作1点、旧作1点を展示・販売する予定です。

oni_1.jpg

『雷神』
ループの可愛いパステルレインボーな毛糸を見て、鬼の頭髪にすればよく似合うだろうと手に取る。
はて?なぜに鬼だったのか、今思うとよくわからない。

oni_4.jpg

服なんてほとんど着てないのに、サイズが大きいせいか、いつもより制作に時間がかかってしまう。
4月だもの、しょうがないか。

oni_3.jpg

太鼓は樹脂を切り出して中身をくり抜き、本皮をあてがった。指で弾くとポコポコ音がする。
鬼の子は雷神として見習いの身分なので、この可愛い太鼓で練習をする。

oni_2.jpg

最近は雨ばかりなので、この子の練習もはかどりそう。

たくさんの素晴らしい作家さんが参加される展示会です。
ぜひご来場お願いいたします。

教室展での新作

  • 2014/11/29 13:27
  • Category: works
いやー、なんとか間に合った。

生徒さんみんな、とても苦労して「日本の話」というテーマに取り組んでいました。
私も自分なりに考えて、今まで見たことのない扉を開けてみたいと思いました。

mouko_2.jpg

『蒙古襲来絵詞』

有名な鎌倉時代の絵巻。元寇で九州の御家人・竹崎季長(すえなが)が
防戦した様子を指示して絵に表したもの。(→サラリーを上げてもらうためだとか。)

「てつはう」の文字がチャームポイントとなって、教科書に長年使用されてきましたが
実はこの箇所が江戸時代ぐらいの贋作が継いであることがわかってきました。

mouko_1.jpg

”ここに字を書いて爆発させていると、きっと可愛くて高く売れるよ”と
後世の商売人が付け足したのに、本当に関心してしまいます。
その萌えポイントは平成の今でも同じです。

大阪に持って行くね。
どうぞご来場ください。初日は16時ごろまで在廊しております。



上野動物園のポスターに採用していただきました

  • 2014/11/26 19:35
  • Category: works
西荻窪での3人展も無事終わりました。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!
影山さんとふたりでしみじみと片付けをしながら、「こんなふうな展示は、もうきっとできないね」と。
やっぱり自分たちでつくり上げる展示は、ものすごくエネルギーが要るから・・・
もっと在廊したかったなー、来ていただいたみなさんとお話がしたかったです。

***

話が変わりますが。
私が東京に引っ越しをした当初、行きたいところがいくつかありました。
まずは日本のどこよりも早く映画が上映される、渋谷のミニシアター。
そして、上野動物園!当時、日本で動物の行動展示の最先端を見られることと
やはり飼育する動物のキャパシティが広くて感動しました。

その後も何度となく上野動物園に足を運び、子どもが生まれてからも一緒に通い
迷子になった息子を事務所で預かっていただいた恥ずかしい記憶もあります。

作家として活動するようになってから(特に近年は)、作りたい動物を観察するために
ひとりで仕事の前に1時間だけ寄っていくこともありました。

そうしてたくさんお世話になった思い出の多い上野動物園の、2014年冬のポスターに
羊毛倉庫の作った羊の人形を使っていただきました。

上野駅公園口を降りて目の前の信号を渡るとすぐ、さっそくポスターが見えます。

uenozoo_2.jpg

上野公園をまっすぐ直進する合間にも、掲示されています。

uenozoo_1.jpg

uenozoo_3.jpg

もちろん上野動物園ゲート付近や、園内の立看などにも使用されています。
あとは都内公共の施設や上野の美術館・博物館にも掲示されます。

そして、園内には無料で持ち帰られるポストカードも。

uenozoo_4.jpg

↑これ、デザインはもちろん紙質もこだわりがあって、とてもオシャレです。
11月30日から始まる大阪の教室展では、ポスターを貼って
ポストカードもお持ち帰りいただけるようにしますね。

このポスターに使用していただいた羊さんを、12月16日(火)〜2015年1月18日(日)
まで上野動物園の西園・子ども動物園にある「まがりや」にて展示していただきます。

寒い冬でも園内は休憩できる場所が多いし、爬虫類館は温帯植物もあって温かいので
ぜひご来場ください!

TOP TEN HITSの人形は:その5

  • 2014/11/22 22:00
  • Category: works
今回の展示最後の人形です。

tths_10.jpg

「パラダイス銀河」
1988年/光GENJI

光GENJIが登場したとき、あまりにもその存在が唐突過ぎてどう考えていいのかわからなかったのよね。
派手な衣装で頭にバンダナ、ローラースケートでステージをグルグルまわって
メンバーの顔すら覚えることば難しかった。

好きになれないまま忘れていたら、映画『嫌われ松子の一生』で人生に見捨てられた松子が
最後に見出した希望の星として光GENJIが登場したので二度目のビックリ。

子どもを産んで30過ぎてから「ガラスの十代」をラジオで聞いて、三度目のビックリ。
ものすごいアイドル萌えを感じてしまいました。
夢と元気と若さにあふれた歌と、最高のオケ。
パラダイス銀河では”しゃかりきコロンブス”という斬新な言葉の発明もありました。

あの元気なかんじを、とにかく出したくて。
どうでしょう、ピチピチしてますか?

tths_11.jpg


*******

「TOP TEN HITS」
参加作家:うえのえみ・影山多栄子・羊毛倉庫
◎11月20日(木)〜25日(火)
◎東京・西荻窪Gallery MADOにて
◎11時〜18時(最終日は16時まで)

TOP TEN HITSの人形は:その4

  • 2014/11/21 22:00
  • Category: works
気がつけば、今回テーマにした曲で唯一の女性ボーカル。
でも、何よりもまず彼女の歌は絶対に作ろうと思っていたんだけど。

tths_3.jpg

「赤いスィートピー」
1982年/松田聖子

今思うと、聖子ちゃんたったひとりが”アイドルは超歌がうまくてもいい”という門をくぐった。
与えられた「カワイコブリッコ」という最高のキャラクタと楽曲と、彼女自身の実力と輝き。
男を夢中にさせる手練をキラキラしながら歌う眩しい曲に、目が眩む。

tths_4.jpg

「男の人のこんなとこがカワイイよね」とときめく彼女の歌は
ほんとは幻覚のような恋愛世界で、かえって男性への信頼が揺るぎが無いような気もする。

影のある中森明菜ちゃんのほうが、ずっとずっと好きでよく鼻歌うたっていたけど
ああもう、ほんとに、聖子ちゃんは最高過ぎるんだよな。

Pagination

Utility

星のこども

プロフィール

スズキ@羊毛倉庫

  • Author:スズキ@羊毛倉庫
  • 羊毛とフェルティングニードルで
    人形を作るための、メイキング・ブログ。
    羊毛工作人のスズキが、
    たま~にご案内いたします。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ +

2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 06月 【2件】
2019年 05月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【4件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 06月 【2件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【9件】
2014年 09月 【9件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【5件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【17件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【2件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【4件】
2008年 11月 【8件】
2008年 10月 【10件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【6件】
2008年 06月 【21件】
2008年 05月 【7件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【13件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【5件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【9件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【9件】
2006年 04月 【2件】
2006年 03月 【3件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【4件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【3件】
2005年 09月 【2件】
2005年 06月 【1件】