スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うめだ阪急での展示・2

  • 2010/07/10 14:42
  • Category: works
うわー、もう7月も10日になってしまいました!
うめだ阪急へ送るもう一つの人形を、ご紹介します。

sk_1.jpg

『スカンク・カウボーイ』

スカンクもカウボーイも、前から作ってみたかったものですから・・・両立させちゃいましたよ。

sk_3.jpg

カウボーイ姿を作るにあたって、少々衣装や時代背景を勉強したのですが
まー、そのおもしろいことったらありません。

もっとも現在イメージされる北米のカウボーイが存在しえたのは、1960年代からの
たった20年間だけです。あれだけ広大なアメリカ大陸においても、農民の囲い込みがあって
放牧は難しくなっちゃったそうな。

ハリウッドが今なおロマンの対象として使っちゃうカウボーイは、美化されたもので
人種的に多かったのは有色人種であったそうです。

sk_4.jpg

自慢のカウボーイハットは、南米などは麦わらだったようだけど、おおむね羊毛で作られていたため
私もウェットで帽子を仕上げました。ロイ・ロジャースのスタイルに近いです。
ハットバンドは切れた手綱(生皮製)を使っていたそうです。
(羊毛倉庫の作ったハットバンドは、コットンですが。)

ブーツのかかとにつけられた拍車は、馬の腹を刺激するためのもの。
とはいえ、けっこう尖っています。大丈夫なの?痛くはないのかしら。
ところがどっこい、カウボーイは基本的に野生馬を適当に乗りこなしていた(!)らしく
扱いも大ざっぱ。毛の手入れなどしないので、拍車は”チクチク”という程度にしか当たらないそうです。

荒馬に乗るため、自然と装備がガッチリしていきます。
すごく作りたかったけど断念した皮のオーバーズボンや袖カバーも、馬や投げ縄から
身を守るためのもの。

sk_2.jpg

首に巻いたバンダナは砂ぼこりに耐えるために、いつでも口に当てられるようになっています。
手綱は通常皮を編んだものを使ったようですが、麻素材も使われるようになりました。
スカンクが持っているのは、後者のほう。

カウボーイのスタイルは、その厳しい環境から生まれてきた儚い美意識。
ブーツもあれこれ言いたいところですが、このへんでやめておきます。
今度作るときは、かならずオーバーズボンに挑戦しちゃおう!

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://yoomoo.blog5.fc2.com/tb.php/387-2ef530e6

Comment

夢希♪

かわいい…かわいすぎる!!!
うめだ阪急かぁ…観に行けないなぁ。
青春18切符?夜行バス?うーーむ☆
ブーツが細かい!!!
羊毛倉庫さんの作る、ブーツ大好きです♪
ハットと表情にもノックダウンされました…!
  • URL
  • 2010/07/11 00:20
  • Edit

くぅちゃん

イケメンスカンクの瞳とブーツが心をわしづかみ!
ブーツを近くでじっくり観察してみたい。。。
  • URL
  • 2010/07/11 08:37

tobira

はじめまして^-^)tobiraと申します
大大大ファンです!
どうやったら生きてるみたいな目を羊毛で表現できるのでしょうか………

ちょうど夏休み実家に帰っている頃なので
行きます!

ではヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
  • URL
  • 2010/07/13 12:40

スズキ@羊毛倉庫

>夢希♪さん

あー、ごめんね。持って行けば良かったね。

>くぅちゃんさん

そうそう、ブーツの機能性がすごくって!
表現しきれないなあ。

>tobiraさん

はじめまして。とってもたくさんの作家さんが参加されるようなので
見応え十分かと思います!ぜひお立ち寄りください。
  • URL
  • 2010/07/17 18:18

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

星のこども

プロフィール

スズキ@羊毛倉庫

  • Author:スズキ@羊毛倉庫
  • 羊毛とフェルティングニードルで
    人形を作るための、メイキング・ブログ。
    羊毛工作人のスズキが、
    たま~にご案内いたします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ +

2017年 06月 【2件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 06月 【2件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【9件】
2014年 09月 【9件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【5件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【17件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【2件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【4件】
2008年 11月 【8件】
2008年 10月 【10件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【6件】
2008年 06月 【21件】
2008年 05月 【7件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【13件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【5件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【9件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【9件】
2006年 04月 【2件】
2006年 03月 【3件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【4件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【3件】
2005年 09月 【2件】
2005年 06月 【1件】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。