スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白い」ということ

  • 2008/01/24 13:49
  • Category: works
つい最近行った美術館で絵を見ていて、ふと思ったこと。

その絵では人物が白い服をまとっていて、それは白い絵の具で塗られているのではなく
服の部分が塗り残されているのでした。

それは、なんとも奇妙な感覚で
服の部分だけが透明人間になってしまったような、体の消えた存在なのです。

目をこらしてどれだけみても、その体の存在は白い服として浮かんではきません。
私のその感覚は、明らかに画家の意図には反しているので、その後もしばらく考えています。

白、という色はいったいなんなのでしょう。

なんでも受け入れるので、人は多くこの色を好みます。
では白はほんとうになんでも受け入れるのでしょうか?

昨日は東京にもやっと雪が降りました。
数時間降り続けた雪のさなかに居ると、風景の輝度があがって
街が明るくなるのがわかります。
そして降る雪はまた、白の少し目の細かいフィルターとなって
風景の輪郭を曖昧にもします。


白い服を着せれば、人形の体も透明に近くなるんだろうか。
いや、そんなわけないのは知っているけど
白をきちんと使うというのはどういうことだろう。

いろんな明度の白を考えながら、作りました。

white_1.jpg


グレーのバックだと、こんなふうに見えます。

white_2.jpg


足下には魚の化石がしいてあります。
これも石灰質な石なので、ある意味では深すぎるけども白です。

けれども。
私はいつも、考えるだけで終わってしまいます。
何もかも答えが出たためしがありません。
今回もまた、何もわからないまま作り終えてしまいました。

このお人形はninniに来週納品の予定です。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://yoomoo.blog5.fc2.com/tb.php/140-4e7afab0

Comment

中学生の頃だったかな。当時、いいなと思っていたアンドリュー・ワイエスという画家の展覧会へ行って、画集などを観て惹かれていた白が、絵の具を塗っていないキャンパス(だったか紙だったか)の白だと知ったとき、というかそれを観たとき。とても違和感を覚えた感覚を、今でもはっきり覚えています。そう、確かにそれは白に見えなかったんですよ。後日、「どうだった?」と聞かれて、「あんまり……」と答えると、「そうだろう」と勝ち誇ったような顔をした絵の先生の顔も未だに覚えている。藤田はもちろん、吉原治良という人の、白い大輪の菊ばかりを描いた白い絵にも圧倒されます。日本人の画家の白は、光や硬質なものや悪そうなものまで含んでいる感じがあって、そこに惹かれます。

この男の子の丈の短い白いコート、わたしも欲しい。でも実は誰にでも着こなせるものじゃないでしょうね。白にはどうしてもドレスアップな雰囲気があるものね。あとやっぱり、ちょっと怖い感じがあるな、白。

  • URL
  • 2008/01/25 07:48

羊毛倉庫

塗り残しという技法も印刷物になったときにはいいんだろうけど、テクスチャー感を残すというにはあまりにもグラフィック色が強すぎて、原画を見ると「え?」と思ってしまうのかしら。
私もワイエスを去年実際に見たときにイマイチと思ったのは、もはやイラストレーターとしての布石でしかなかったからかもしれません。

日本人の白で好きだと思ったのは、谷内六郎さんが描いたトイレの壁のいろ。
ほんとにモルタル塗ったのか?と思うほどのもったりとした厚みに塗られたそれは
青も黒も黄色もうすく混ざっていて、男女マークが浮いたようにも見えました。
(印刷されたその絵は、普通の壁になってしまっていましたが。)

私が今回の人形で試すべき白い服はもっと均一にするべきだったんですけど
顔を作っているとなんだか試す気持ちが失せてきてしまって
普通に強弱を付けてしまいました・・・よって、なにもわからず。

白の怖さもやっぱりその種類によると思います。
すべてが蝋でできた部屋の白さを、アコさんにみせてあげたい。
  • URL
  • 2008/01/25 09:27

獅子丸

こんにちは。はじめまして。
去年の秋頃、偶然羊毛にふれる機会があり、ホームページを通じて羊毛倉庫さんのことを知りました。いつもブログを拝見させていただいております。作品を拝見しては、いつもどこか懐かしいような、温かい気持ちになってうっとりしています。
いつか本物をこの目で見てみたいと思っていたのですが、先日ニヒル牛2ギャラリーにて念願が叶いました。
凛として立つ動物たちが、羊毛というやわらかい素材のはずなのにしっかりと骨があり、骨格がみえるかのようで生命を感じました。力強くもやさしい風合いなのは羊毛だからできるんでしょうね。しかしその表現力に圧倒されました!
近くでじっくり拝見させていただいても、いったいどうやって作ってらっしゃるのかわからず…。魔法の手?(笑)
小さな動物たちと女の子が、今にも動き出しそうで、感動し、ますますファンになってしまいました。

先週、珍しく東京に雪がもさもさと降り続ける景色の中を歩いた時、見慣れた景色がいつもと違って見え、ちょっと感動しました。
白という“何色にも染まる”色が、“何者にもおかされない”強い色だと感じた瞬間でした。
凛とした存在感のある白。それはけがすこともはばかられるような。
一方でそんなことにもおかまいなく汚して遊びたいという子供心も芽生えますが…(笑)
そういえば花嫁のウエディングドレスも白ですね。
普段着で白を着こなすのは難しいですよね、わかります(笑)

五味太郎さんという絵本作家さんも塗り残しという技法を使っているのを見たことがあります。
こういう挑戦的なことをするのは『元グラフィックデザイナー』らしい感覚なのかもしれません。
確かに、印刷物になったときはいいんですが、原画を見るとやはり違和感があるのかもしれませんね。
白でもいろんな白がありますもんね。冷たい白だったりあったかい白だったり。質感によってもさまざまです。

長々とすみません…! なんだかいろいろ考えさせられてしまいました。
また楽しみにしていますね。
  • URL
  • 2008/01/28 15:30

羊毛倉庫

獅子丸さま、はじめまして。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

雪、よかったですよねえ・・・(しみじみ)
そうです、あの日は白の強さというものを感じましたね。
また降らないかな、つもらないかな。

また3月に個展を予定しているので、ごらんいただけると幸いです!
  • URL
  • 2008/01/28 23:14

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

星のこども

プロフィール

スズキ@羊毛倉庫

  • Author:スズキ@羊毛倉庫
  • 羊毛とフェルティングニードルで
    人形を作るための、メイキング・ブログ。
    羊毛工作人のスズキが、
    たま~にご案内いたします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ +

2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 06月 【2件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【9件】
2014年 09月 【9件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【5件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【17件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【2件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【4件】
2008年 11月 【8件】
2008年 10月 【10件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【6件】
2008年 06月 【21件】
2008年 05月 【7件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【13件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【5件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【9件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【9件】
2006年 04月 【2件】
2006年 03月 【3件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【4件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【3件】
2005年 09月 【2件】
2005年 06月 【1件】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。