スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個展の人形・その12

  • 2015/11/12 00:45
  • Category: works
新作はこれでラスト。
今日、この子たちを仕上げました。

bchild_1.jpg

『おゆうぎ(1)、(2)』

お遊戯会のお披露目を、舞台袖で待つ子ども二人。
蝶々の衣装でおとなしくスタンバイしています。

bchild_2.jpg

白い表着はオーガニックコットンのボア。
やはり手触りが違います。

bchild_3.jpg

背中の羽にはシルクシフォンを布フェルトにしたものと、綿糸で格子に刺繍が入ったシルクを
挟んで作っています。

bchild_4.jpg

個展用の新作は以上ですが、あとは旧作と毛糸だまに掲載された人形で
計24点が展示・販売されます。

初日、購入希望者が重なった場合はプレビュー時間として17時より抽選が予定されています。
会期中は展示の人形がすべて揃っていますので、どうぞお気軽にお越しください。

私の在廊予定は13日(金)のみがDMに記載されていますが、時間を作って何度か
ギャラリーに行こうと思います。
その場合はツイッターでお知らせしますね。

*****

◯鈴木千晶個展

場所:東京/東銀座/靖山画廊

期間:11月13日(金)〜27日(金) 11時〜19時 日祝日定休
スポンサーサイト

個展の人形・その11

  • 2015/11/10 20:07
  • Category: works
今はまだ賑やかな熱海の砂浜も、もう少し寒くなればその風景も変わってくる。
黒いコートを着る人が増えて、寒風に耐えられずビーチを歩く人もまばらになる。
砂上を歩むその足元を確認して、顔も体もうつむきがちになる。

小さく見えるその人影を、”宮沢賢治みたいだ”と何度も思った。
彼が踏みしめて確認していたのは、農耕地であったのだけど。

mrm_1.jpg

『賢二さん』

できるだけフラットな質感で、白黒写真ではない人形にしたかった。
コートのボタンは賢二の好きそうなガラスのような塗装がされたボタンを使う。

mrm_2.jpg

あの写真の賢二の腕は、ポケットに突っ込まれているのだと思っていたけど
実際は後ろ手に組まれていた。
ぐっと組まれて膝から下の足が伸び気味になった彼の姿勢からは
ひたすらスローに土を検分する様子が伝わる。

熱海の浜を歩くとき、いつも賢二さんを思い出す。
砂の感触は靴底越しでも生きている実感が、小さな砂粒の隙間から立ちのぼってくる。

これって厳密には、賢二さんを作った人形ではないのだと思う。


*****

◯鈴木千晶個展

場所:東京/東銀座/靖山画廊

期間:11月13日(金)〜27日(金) 11時〜19時 日祝日定休

個展の人形・その10

  • 2015/11/09 17:29
  • Category: works
最新の毛糸だま2015年冬号に掲載された人形を、今回の個展で展示・販売いたします。

sq_1.jpg

『雪の女王』

冬や雪や氷を女神として描かれることが多いのは、周知の事実。
絵本の挿絵では毛皮のコートをフカフカとまとった気高い女性が多いけど
寒くて冷たいほど、彼女は楽しくてしょうがないだろうと思ったので
ノースリーブのドレスをまとわせました。

ドレス生地は極薄のシルクにウールで刺繍が入った布に、4色のメリノで
フェルト化して布フェルトに。
腕のケープはウェディング用の複雑な編みが入った生地を使いました。

彼女の持つ吹雪を呼ぶ杖は、先端に天然の紫水晶が入っています。

実は普段よりもかなり小さい人形なので、実物をご覧になるのが一番なのです。
ぜひ、ギャラリーでご対面ください。

*****

◯鈴木千晶個展

場所:東京/東銀座/靖山画廊

期間:11月13日(金)〜27日(金) 11時〜19時 日祝日定休

個展の人形・その9

  • 2015/11/08 12:42
  • Category: works
ヴォーグ学園の生徒さんが、教えてくれたお話。
童話作家・安房直子さんの『あるジャム屋の話』に出てくる、鹿の娘。
森で一人、売れないジャムを作り続ける男に、美しい瓶のラベルの絵を描く牝鹿。
色の綺麗なラベルに変わったジャムは、飛ぶように売れる。


sikag_1.jpg

『鹿の娘』

読み返さずに最初のイメージだけで作ったから、お話の鹿とはかなり違う。

sikag_2.jpg

人の印象はいろいろだと思うけど、安房さんの文体や描写には私が生まれた
70年代ぐらいの懐かしい雰囲気がある。昭和文化の目覚めのような時代。

過ぎ去った日々というのは来るべき未来よりも具体性があって、ファンタジーに思える。

sikag_3.jpg

お話をぜひ、読んでみてください。




個展の人形・その8

  • 2015/11/05 15:43
  • Category: works
尽きることのない優雅な放蕩を、無意味だと毛嫌いする気持ちがあるけれど
その半面、世界観としてはフワフワのデコレーションケーキの上を雲のパンプスで
歩くようなイメージで、憧れもある。

いつか、「ロココ」をこの上なくドーンと脳天気に作ってやるさ。いつかはね。
でもその前にひとつ、小さなお嬢さんを仕上げてみました。

mdmsr_1.jpg

『マドモアゼル・バイオレット』

コルセットとボンネットに、大きなリボン。ヒールを履いても蝶を追う。

mdmsr_2.jpg

ギャザーが細かく入った極薄のシルクを黄色に染めて、布フェルトに。
髪は2種類のモヘアをコチニールで染め、タイツは染めたシルクガーゼを履かせる。
頭にはコサージュ作家さんが作った花を飾った。

mdmsr_3.jpg

明るく優雅な彼女の頭上に舞う蝶が、見えますか?

個展の人形・その7

  • 2015/11/03 16:48
  • Category: works
昨日の「おうちねこ(姉)」の続きで、今日は(妹)のほう。

cih_5.jpg

『おうちねこ(妹)』

「まりが転がっちゃった!」と腰を上げて、その行く先を目で追う。
今にも”おそとねこ”になっちゃいそう。

cih_1.jpg

この子の着物も古布で、かなり大きく派手な絞り染めが入っていますが
それは実際に見て楽しんでいただきましょう。


*****

◯鈴木千晶個展

場所:東京/東銀座/靖山画廊

期間:11月13日(金)〜27日(金) 11時〜19時 日祝日定休

個展の人形・その6

  • 2015/11/02 17:36
  • Category: works
猫って、なんとなくわかる。

自宅で飼育経験があるのは犬と猫と兎と魚類とカメと、ザリガニや越冬しない昆虫。
相手が取る私との距離が違うだけで、どの動物も生き物には変わりない。
猫の持つ距離感は、私にちょうど良かった。

特に資料見なくても作れるのは猫だけ。
猫は根本的に、猫という種類ひとつしか無いような気がしてしまう。

「内猫?外猫?」と飼猫の飼育環境のことを尋ねたりするけれど
この人形はずっと家の座敷にいるかんじです。

cih_2.jpg

「おうちねこ(姉)」

三毛猫の姉さまは、すまして座っております。

cih_4.jpg

三毛猫には着物の古布がよく似合う。

cih_3.jpg

足袋も履いております。
明日は(妹)をご紹介しますよ。


*****

◯鈴木千晶個展

場所:東京/東銀座/靖山画廊

期間:11月13日(金)〜27日(金) 11時〜19時 日祝日定休

個展の人形・その5

  • 2015/11/01 11:48
  • Category: works
細くて丸い組紐を見ると、着物姿の人形が作りたくなる。
人形の着物用素材を揃えるときに一番むつかしいのは、帯締め。
ちょうど良い太さで使える色で、細かく糸が組んであるもの。
ゴムみたいにビヨーンと伸びちゃうと着物が台無しだし・・・

女の子を作ることのほうが多いから
平組ではなく丸組の紐で好みの色があれば、迷わず買うようにしている。

koten_alc_3.jpg


『アリス』

ぬいぐるみの兎は、遊び相手。

koten_alc_2.jpg

かんざしにはシルバーとアメジストのパーツ。
こらこら、そんなにトランプ散らかしちゃダメでしょ。

koten_alc_1.jpg

Pagination

Utility

星のこども

プロフィール

スズキ@羊毛倉庫

  • Author:スズキ@羊毛倉庫
  • 羊毛とフェルティングニードルで
    人形を作るための、メイキング・ブログ。
    羊毛工作人のスズキが、
    たま~にご案内いたします。

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去ログ +

2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 06月 【2件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【9件】
2014年 09月 【9件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【5件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【17件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【2件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【4件】
2008年 11月 【8件】
2008年 10月 【10件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【6件】
2008年 06月 【21件】
2008年 05月 【7件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【13件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【5件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【9件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【9件】
2006年 04月 【2件】
2006年 03月 【3件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【4件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【3件】
2005年 09月 【2件】
2005年 06月 【1件】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。