スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコット展には(2)

  • 2010/05/29 14:12
  • Category: works
今年まだまだ外気が冷たかった2月のこと。
プール教室へ通う道すがら、ふと頭を上げたそこには、梅の花の蜜に誘われたメジロが1羽いました。

こんなにきれいないきものだったんだな。

動物や虫、草花だって、都会にもちゃんといる。
どこにいても、ある日突然すごく脳にその美しさが刻まれる。

鳥の好きな人は、よく果物で呼び寄せるようです。
呼び寄せたいのはかわいいから、というのもあるようだけど
とてもその鳴き声がきれいだから、という理由もあるらしい。

mejiro_1.jpg

「メジロ・オレンジ」

mejiro_2.jpg

2羽のメジロをカナリヤさんに納品しました。

mejiro_3.jpg

こういうものを作って私は、造形への憧れを自分の中に飲みくだしている。
ドールワールドフェスティバルにも、2羽連れて行きます。
スポンサーサイト

マスコット展には(1)

  • 2010/05/27 15:58
  • Category: works
大阪の雑貨屋・カナリヤさんで、6月1日~15日まで「マスコット展」が開催されます。
羊毛倉庫もちょっとだけ仲間入りさせていただきますよ。

h_t_3.jpg

『カメさん、こんちは』

できたてホヤホヤの、2匹のカメ。
”こんちは”なのは、カナリヤさんと大阪で見てくださる方への、ご挨拶のつもりです。

h_t_4.jpg

裏側。

カメの形に布を切っていたら、遊びに行った子どもがちょうど帰ってきて
その虫かごには3cmぐらいの甲羅の割れたクサガメが入っていました。
「ちょうど良かったでしょ?」とすました顔で言うのだけど、いったい何がちょうどいいのさ。
その日から毎日、私ひとりがせっせとお世話しております。

大きくなるのか、しんぱい。

h_t_1.jpg

「ほんもののカメがいるのに、なんでちゃんとそのとおりに作らないの!かあさんのバカ!」
とも言うので
「ほんものそっくりに作ったって、本物のほうが良いにきまってるでしょ。」と身をかわす。

h_t_2.jpg

作ったカメの目は、デッドストックの渋いビーズが入っています。
緑の毛糸の雑草を、食べてくれるかな?


オンリー・ワン・オルゴール

  • 2010/05/24 15:56
  • Category: works
桐生にある、オルゴールと人形のお店「とおりゃんせ」さんに納品する作品。
写真いっぱい載せます。


org_1.jpg

『シルルの散歩』

奏でるメロディは、「アイルランドの子守唄」です。

org_3.jpg

原始的で単純だけど、幻想的でもある。
そういう生き物たちがいたシルル紀を図鑑で見ながら、その中を散歩する夢を想像する。
小さな子には、海水もまた羊水に通じるものがあるかもしれないし
ゆったりとした夢を午睡で感じて欲しい。

org_4.jpg

普段は箱の中に女の子は閉まってください。サイズぴったりなのは、偶然なのですが。

org_2.jpg

この灰色の魚は、口が丸く開いたまま閉じないそうな。
名前は忘れちゃった。

手製の箱に入れると、驚くほど大きな音で響くようになりました。
ちょっと心配だな。寝た子が起きないかな?

今日送って、明日到着。明後日からは確実に見ていただけます。
他にも「アリス」と「3月ウサギ」、「3月ウサギの家」を送りました。

どうぞお店の開店時間をお確かめの上、お立ち寄りくださいね。

大事なふたつの展示情報

とりいそぎ、伝えたいことが二つあるのです。
どちらも作品展示について、です。

まずはデザインフェスタに出展中のヒツジ舎
ヴォーグ学園の縁で集った、フェルト作家たちが16日まで展示販売をしています。

私が横浜校で始めたときから数えて、今年は3年目。
こんなにしっかりと、みんなが自分の作りたい人形について
模索しながら掴んでいるのを、きちんと目の当たりにするのは初めてなのです。
みんな、とってもすごいと思う。

写真は撮っていないけれど、とても可愛いいろんなタイプの子たちが
たくさんいました。
ぜひ、ブースC-107にお立ち寄りください。


もうひとつは、来週水曜日まで開催中の、Pulum`sさんの個展。
初めての個展にして、なんと青山のビリケン・ギャラリーさんを独占中!です。

ベア作家さんとして猛進中の彼女が、あえて何ヶ月もこの個展だけのために活動を休み
満を持して臨んだ、今回の展示。

本当に見応えがありました!
ベアのコンベンションではきちんと彼女の世界が伝わり切れなかった部分が
細かい配慮とともに感じられます。
繊細で柔らかくて、それなのにとてもおおらかで可愛い。

大きな作品から小さな作品まで、梅津さんの渾身の動物たちはもちろん絶賛だけれど
背景用に作られた小道具なんかも、質感や布のチョイスや縫製がとってもキュートなんです。

最終日まで梅津さんはみなさんを現地ギャラリーでお待ちしております。
ぜひ、お立ち寄りください!!

今後の予定・・・いっぱいだぁ

スクリーンショット(2010-05-10 7.59.27)


昨日が母の日だったらしい。
ぜんぜんしらなかったけど、素晴らしい日なんだね。

息子がお小遣いで私に花を、夫がスパークリングワインをくれました。
綿の実をつけた枝が入っている、黄色い花束。
全部自分で選んだんだって。
母はこんなにきれいなものを、今まで見たことがないです。ありがとう。


さー、頑張らないと。
羊毛倉庫、今後の予定でございます。

◎5/23~6/20 「第15回オルゴール展」出品     ”とおりゃんせ”企画展(桐生市)
◎6/1~6/15  「マスコット展」出品            ”カナリヤ”企画展(大阪)
◎6/12~6/13 「ドールワールドフェスティバル」出展    産業貿易センター(浜松町)
◎8/4~8/10  「テディベアフェスティバル2010」出品  うめだ阪急11階催事場(大阪)
◎9/8~9/14  「二人展」 (題名未定)     ”BEAR!BEAR!BEAR!”(新宿・伊勢丹)
◎9/25~10/11 「第11回インキューブ・アーティストベアフェア」 インキューブ・ディアベア(福岡天神)

さーさ、どうする。息つくヒマもないですよ。

レッドカーペット、その2

  • 2010/05/09 22:00
  • Category: works
これはすごく時間がかかりました。
マーゴ・テネンバウム。

fbd_a_mov_m2.jpg

見に来てくれた人たちは「この女の子性格が悪そう」とか「意地が悪そう」という感想が多くて
あ-、私はまだまだダメだなあ、と思いました。

ゴメンね、マーゴ。

彼女はちっとも意地悪でも不良娘でもないんです。
タバコは家族にバレることなく、12の時からずっと吸い続けているというアクセサリー的な要素。

fbd_a_mov_m3.jpg

テネンバウム一家の中でも一番かわいそうな境遇で、しかもすごくセクシーなんだ。
そのステキな彼女をぜひ、映画で見てみて欲しい。

fbd_a_mov_m1.jpg

4人しか作れなかったけど、けっこう満足。
記念撮影をパシャリと1枚。真正面から撮るのが定番です。

fbd_a_mov1.jpg

レッドカーペットは?

  • 2010/05/08 22:00
  • Category: works
FBDの会場へ来てくださった方は、もうご存じですね。
私の作った「ドールズ!レッドカーペット」の人形は映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』。
2001年に日本公開された当初はすごくヒットしたこの映画も、今となっては知る人ぞ知る映画に
なってしまっていました。
なんでかなー、本当に「見たことない!」という言葉ばかりが多くて寂しかった。

やっぱり、できるだけ多くの人に、今ここで言い直します。
この映画をDVDで良いので、観てみてください。
文句のないオールスターキャストだし、ジーン・ハックマンは超ステキなじいちゃんです。

まずはこの映画の中から、ジャージの3人組を作りました。
チャス(親)、ウージ(兄)、アリ(弟)。

妻を事故で亡くしたトラウマから、ジャージを1日中着て避難訓練に明け暮れるチャス。
頭はみんな黒くてモジャモジャ。
なんとお葬式には黒いジャージ姿で現れます!

fbd_a_mov_ja1.jpg

fbd_a_mov_ja2.jpg

子ども二人が、すごく可愛い。アリが一番良く似てると思う。

ALICE IN NOWHERE LAND

  • 2010/05/07 22:00
  • Category: works
今回のFBDでは、上記のようなタイトルをコッソリつけていました。
「どこの国でもないアリス」っていうかんじ。

自分の作ったモノを特別視なんてできるわけもないし、たぶん今後も何度かアリスは
作ってしまうと思うのです。
なのでまだまだ自分の中では特定できない世界の途中、どこでもないところに緊急着陸中なのです。

アリスのうしろにぜひ欲しかった、空を舞うトランプ。

fbd_a_1.jpg

5歳の男の子に「どうしてあれは浮いているの?」と非常に賢い質問をされて
「あの空間だけ軽くなるように作ったのよ~」とウソを吹き込もうとしたのに
「あ!あそこからなにかみえるよ」と横からタネを見破られてしまいました。

fbd_a_2.jpg

んー、ほんとにキミはかしこいねえ。
ウソをつくにはもっとうまく作らないといけないってことね。

ヴォーグ学園受講生専用コミュを作りました

遅ればせながら、4月から始まった講座専用のコミュを、やっとこさ作りました。
お待たせして申し訳ありませんでした!

水曜日クラスのコミュ『水曜日のアリス』→http://mixi.jp/view_community.pl?id=5006240
金曜日クラスのコミュ『金曜日のアリス』→http://mixi.jp/view_community.pl?id=5006242

それぞれ私が承認してから参加が可能となりますので、要請の際にお名前をひとことお願いします。


せっかく作ったものですので、ぜひ活用してくださいね。

トランプの女王様

  • 2010/05/05 22:00
  • Category: works
女王様は、とっても傲慢なお方です。
なんだろう?王様が無個性なのと釣り合いを取っているのかな。

ただ、テニエルの挿絵の女王様は、トランプに乗っている様な綺麗な女王様ではないので
やはり私はそこに違和感があるのです。

少し若くて、高飛車なかんじに作ってみる。

fbd_a_q1.jpg

むんずとつかんだフラミンゴの足。
これを作ると、あまり女王様がキライではなくなりました。

fbd_a_q2.jpg
53枚しかないトランプの首を、次々に「ちょん切れ!」と言ってしまう。
言っている端から、どうせ王様が恩赦を与えてしまう。
こんな夫婦漫才きどりを、本当は意識してるかも?と思える生き方もいいな。

fbd_a_kq.jpg

FBD2010、無事終了しました。

昨年よりも期間が短いので、とても忙しい三日間でした。
まだちょっと体が不安定なかんじです。
その理由が疲れなのか精神的高揚なのか、よくわからないけどね。

イベントを主催するというのはこんなかんじ。

企画・進行   15%
搬入前     15%
搬入      40%
開催中     20%
搬出と事後処理 10%

展示の作業というのは、いつも魔法がかかる。
個展や二人展でもそう思うのに、今回は15人もいるんだもん。
次から次へとCCAAの豊富な什器の中で、変貌を遂げていく。
ただの学校の教室に、暖かさがあふれるようになる。
それはこのイベントの肝だな、と思う。

参加している作家の、誰一人も欠けちゃいけない。こうはならないのです。
みんなどれだけ働くことか!

その仕上げが、待ちに待ったお客様なのだ。

ご来場いただきまして、本当にありがとうございました。
初めて来てくださった方も、またいつかお会いしたいです。
久しぶりに会ったあなたたちの姿も、嬉しい限りでした。また会いましょう。
あんまり話ができなくて、ごめんなさい。

短い会期中でも、おバカなことができました。
巽さんのレッドカーペット作品「七人の侍」より生まれた、志村喬の顔面立像を
7人の作家が被ってみましたぜ。

samurai.jpg

一番ピッタリはまるのが、巽さん。
一番武士っぽい立ち姿なのが、あまのじゃくさん。
一番楽しそうだったのがrautaさん。
それほど似合わなかったけど、嬉しかったのが私です。

それでも、どうだい?似合うだろう。

トランプの王様

  • 2010/05/04 22:00
  • Category: works
悲しいほど、影が薄い王様。
それはきっと、このお話のなかではまともな性格だから。

トランプの王様と女王様は、あえておもちゃっぽく作ってみる。

fbd_a_king1.jpg

体と腕をつなぐのは、丸カンとリング。
体を持ち上げるとブラブラになります。

fbd_a_king2.jpg

物語ではハートの王様だけど、あえて私は「トランプの王様」と言い張る。
なので、王冠は数字でかこまれているいのです。

トランプの庭師

  • 2010/05/03 22:00
  • Category: works
女王様がお好みの赤いバラにするために、必死で白バラに赤いペンキを塗る庭師。
その設定だけで、なんて魅力があるんだろう。
あんなはかない花びらに、ペンキで色を塗るなんて・・・

ほんとは3人いるけど、とりあえずひとりだけ。

fbd_a_rose1.jpg

トランプのペタンコな体で自立するバランスと構造を、頭で考えている時が
一番めんどうでならなかった。

でも実際に作ってしまうと、楽しいし納得する。これでいいんだ、と実際に思える。
一人作れば、もう十分だというのがわかる。

fbd_a_rose2.jpg

ふがいない主催者の、この二日間の

スクリーンショット(2010-05-02 22.39.31)

しょうもない主催者で、すいません。
(今日居た人なら、この意味がわかるはず!!)
この二日間でみなさんからいただいたものは、数え切れないほどあります。

来てくださったみなさまと、出展してくださった皆様へ。
本当にありがとうございます。

今家に持って返って来た戦利品は、上の写真のとおりなり。
いただいた差し入れやお気持ちは、今は自宅に形になっておりませんが
本当に私は自分のいだく妄想を形にしてくれる方々がいて、幸せですね。

シャワーを浴びて、今はスッキリ気分。
明日は最終日です。
みんな、がんばろう。

そしてまだまだご覧になっていない方々は、ぜひお立ち寄りください。
損はひとつも無いハズです!

わらいねこ

  • 2010/05/02 22:00
  • Category: works
この、どこまでもクセのあるネコについては、いろいろと
作る前に悩んだ部分が多い。

ネコは普通、笑わない。笑う表情ができるようにそもそも骨格も筋肉もできていない。
なので、挿絵にあるチェシャ猫はすべて人間のような表情を持っている。

それに、この異次元に消えてしまうネコの色や模様。
これこそは制限の範疇に、ズッポリと埋もれてしまう部分でもある。

私の中でもっともミステリーである”紫”色をメインに、考えてみる。

fbd_a_cat1.jpg

この世でいちばん、自由ないきもの。

人のためにも自分のためにも、なにかする義務を等しく感じていない。
だれにもとらわれない。
自分の体にとらわれない。
おそらく機嫌が悪くなることもないし、そもそも機嫌が良いという認識もない。

いいね。

fbd_a_cat2.jpg

空をみあげてみよう。そこに居るかもしれない。

FBD2010、開催中!!!

昨日から無事始まったFBD2010。
まずは展示作業がストンと15人全員うまくはまったことに、何とも言えない感動があります。
今年の作品たちの賑やかさはまた、格別です。

初日からたくさんのお客様に見ていただきましたが、なんといっても開催は3日間しかない!
もう今日は中日なんだなあ・・・

fbd2010_k.jpg


本日は待望のkinokosupaさんの人形劇があります。
マリオネットを持って会場を走りまわる、という怪情報もあり!
す、すごそうです。

昨日たくさん写真を撮ったけど、ほとんどピンがずれていてガッカリ。
ああほんとに、カメラがヘタねえ。

毎日ぐったりしていますが、作家のみんなと一緒に飲んで食べるご飯が最高です。
「昨日の飲みは荒れたねえ。」と言うと「あんたのせいだ!」という鋭い(?)指摘が。
そうだったのか~、わかっていませんでした。ハハハ、スマナイ。

3月ウサギ

  • 2010/05/01 22:00
  • Category: works
素敵なお家を持っていながら、庭でお茶を年中楽しまなくてはならないという重労働中の
なんだか気の毒な3月ウサギ。

fbd_a_rab1.jpg

イギリス紳士然として、オシャレかつピシッとスーツに身を包んでいます。

fbd_a_rab2.jpg

たまたま使ったズボン用の布は、そういえばイギリスはハリス・ツィードの布でした。
ザックリ・チクチクとした手触りのこのウールは、紳士の不可解なやせ我慢が感じられて
ピッタリかもしれない。

Pagination

Utility

星のこども

プロフィール

スズキ@羊毛倉庫

  • Author:スズキ@羊毛倉庫
  • 羊毛とフェルティングニードルで
    人形を作るための、メイキング・ブログ。
    羊毛工作人のスズキが、
    たま~にご案内いたします。

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ +

2017年 08月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 06月 【2件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【9件】
2014年 09月 【9件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【5件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【17件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【2件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【4件】
2008年 11月 【8件】
2008年 10月 【10件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【6件】
2008年 06月 【21件】
2008年 05月 【7件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【13件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【5件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【9件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【9件】
2006年 04月 【2件】
2006年 03月 【3件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【4件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【3件】
2005年 09月 【2件】
2005年 06月 【1件】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。