スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月展示会のお知らせ

いつもお世話になっている京橋はドルスバラードさんの企画展に出品します。

『いと・ちいさやか~絵本の中の住人たち』
11月29日(土)~12月7日(日)まで。

絵本~。
久しぶりだなあ、なんだか。

以前こちらで紹介したゴーシュのセットと、その他数点を置かせていただきます。

今できているのは、こちら。

lr_04.jpg


いつもより、大きいサイズの人形です。
赤いボンネットとエプロンは、外すことができます。

lr_02.jpg


悪そう、すごく。(笑)

lr_03.jpg


以前赤ずきんの変遷とか歴史に興味をもったことがあったのですが
中国版の赤ずきんなんて都市伝説みたいで、かなりゾッとしました。
以下、赤ずきん論に興味の無い人は読み飛ばしてください。

赤ずきんが「赤である理由」は、罪の色だからだそうです。
根本的に、女の子は罪を好み、犯すものだと。
(誘惑にのるほうが悪いとか、悪を招く素因を持っている、とか?)

オオカミ、というのは実はもともとの記述が「人狼」で、狼男とは
ちょっとニュアンスがことなるようですが、妖怪ですね。
こちらは生きるために悪いのではなく、そもそもが邪悪。
赤ずきんをベッドに引き込んで、卑猥な会話を交わします。

シャルル・ペロー版とグリム版、私は猟師のでてくるグリムが
断然好きなのですが、歴史的変遷で見ると、猟師=国家権力であって
赤ずきんは2重に屈服しているという見解もあります。

赤ずきんの発酵した女性観は、とても女にウルサイ社会の下地がある。
それを知ったときに、ムフーンと感じ入ってしまった2年前から
私の中でも、赤ずきんの酵母はフツフツと育ち続けています。


スポンサーサイト

羊毛倉庫デザイン・キット発売のお知らせ

オリジナルの素材のみにこだわった手芸店・ホビーラホビーレさんは
百貨店を基盤に全国展開されていて、素材の質はもちろん
お店の外観もウットリするほど素敵です。

季節にあわせたオリジナルキットを毎シーズン出されており
羊毛倉庫もこの冬のフェルトワークのキットをデザインさせていただきました。
ホビーラホビーレさんオリジナルの毛糸を使って、ポップな仕上がりです。

hobyra.jpg


カタログの上に試作品で作ったネコちゃんとダックスくんを、置いてみた!

オリジナルの羊毛は、ざっくりとしていてすぐにフェルト化します。
それぞれ、子どもの手のひらにもちょこんとのるような、小さなものですし
2~3時間で完成します。

珍しく、小さなフルーツタルトなどもデザインさせていただきました。
(素材がいろいろで、楽しいです。)


全5種類、10月25日よりネット上でも販売されております。→



仙台でワークショップを開催します。(予定)

みなさん、こんばんは。鈴木です。
あらためましたのは、大事なお知らせがあるからです。

実は仙台で羊毛倉庫のお人形を扱っていただいているグラマラス・エリアさんが
12月で実店舗を閉店し、web専門店に移行します。
業務は継続されるわけですが、「いつでもそこにある」という現実は
ひとまず無くなってしまうわけで、やはり寂しいものです。

できることならば、企画展のときなどに
作った人形を片手に「こんちは!」とたずねていって、展示作業を
お手伝いしたりしたかったのですが、”遠いしね”なんて自分に言い訳をしながら
一度も顔を出さずにすませていました。

最後になにか形や思い出として、残したい。後悔しないように。

ささやかながら、仙台に出張してワークショップをさせていただきます。
おそらく、今後ほとんど無い企画です。
お近くであれば、ぜひご参加ください。
(3名集まらなければ、残念ですが開催はありません。)

定員は6名までです。
こちらでお申し込みください。→

鳥の好きな方のために、「ミミズク」を。
ネコを好きな方のためにも後日サンプルを用意するつもりです。
どちらでも、お好きなほうを選んでください。

ひとまずはミミズクの写真をごらんいただいて。

ga_1.jpg


ミミズクの下の木と月を描き入れた台も付いています。
ぜひ仙台に行くチャンスになればいいな、と思います。

3名以上になりましたので、仙台へ行きます!
ありがとうございます。(引き続き受講者募集中です。)

人形教室について

私がそもそも個人で人形教室を始めたのは、たぶん4~5年前。
教室をできるほど、まだ羊毛についても・人形についても、わかっていなかったけど
ぜひにという要望と励ましで見切り発車したのです。

最初は2人の生徒さんだけで、そのうちのおひとりはヴァイオリン奏者さんでした。
彼女が「わからないから勉強しようと思うのよ。」と言ってくれたのが
今まで続けてこられた理由のひとつでもあります。
それと同時に笹岡先生の教室へも通い、生徒として学びました。

教室には、いろんな方が訪れました。
その後どうされているかわからない人も、たくさん居ます。
この場を離れる人は、気にしないのが双方にとって一番ですけど
時に思い出して、作りかけの人形はどうなっているのかなと考えたりします。

おかげさまで、今この人形教室はちょうど良いかんじで持続しておりますが
それが今のキャパシティの限界でもあります。
2年後ぐらいには新しい展開を考えられるかもしれません。

「生徒さんはどんな人形を作っているの?」と聞かれることもままあるのですが
自由に資料を持って来てもらって、各自で好きな人形を作っていただいています。
資料はだいたい二次元なので、それを三次元にするために構成を考え、助言し、
素材を提案するのが私の役割。
その生徒さんが”どういう雰囲気の人形にしたいのか”が一番大事です。

今回UPする写真は、ツヴェルガーの絵本「Alice in Wonderland」[LINK:Amazon]
に出てくる従者キャラのカエルと魚。生徒のIさんが作られた作品です。

aiw_2.jpg

三次元にしたときに、恐くならないように。
足の生えた魚がカツラをかぶっていても、こんなに可愛くて気品があります。
のんびりとした教室ですが、こんなかんじで生徒さんは頑張っています。

aiw_1.jpg


ヴォーグ学園のピノキオ作りが始まりました。

昨日からいよいよ、東京校での講座が始まりました。
17名という大人数は私も初めてですし、受講生さんも1回目から
たいへんだったのではないでしょうか?

いろいろと問題点があります。
講座自体をもっと良くしていくために、mixiでコミュを作りました。

pino.jpg


「フェルティング・ドール作るぞ!」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3738136

これは受講者さんのみが参加・閲覧可能なものとします。

クローズドにすれば、制作途中の作品写真のUPも
些細な悩みもつまづきも、書き込みしやすくなるかと思います。
まだトピックは作っていないけど、自由に立てても大丈夫よ!
(それこそ、”自分専用”トピックでもOKです。)
私も可能なかぎりコメント入れて、授業の補填をします。

mixiに参加されている方はコミュにご参加を。
承認制なので、メッセージで本名を知らせてください。
確認が取れ次第、承認します。

mixiにまだ入会されていない受講生さんは、私が招待します。
メールフォームよりお名前とメールアドレスを送ってください。

1回がたった2時間の講座です。
でも、充実した2時間にしていただきたい。
良いピノキオ人形を作っていただきたいのです。
ぜひご参加ください。

ゴーシュ・その3

  • 2008/10/08 11:34
  • Category: works
昨日、人・形展が無事終了しました。
ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

私自身は一山越えた人形を作ったつもりでいましたが
居並ぶ作家さんの中で比べれば、まだまだなんだなと
搬出の際にはしみじみと感じました。

実際、見る人の好みがあるのは承知の上ですが
なにしろこんなに多種多様な作家さんが揃って
一度に見られるというのは、おそらく他にはないイベントなんです。
とにかく技術と完成度が高い。
そこからくみ取った感情を分析して言葉にできなければ
なんの価値もない、と言い切ったほうがいいんじゃないかと
こと仕事面においては考えるようになりました。
昨日の私は、その点では無意味で無価値だ・・・

さて、この先の自分は、いったいどうあるべきかなと
悩みは尽きません。


話題を本来に戻して、ゴーシュの動物たちを
ご紹介します。

go_5.jpg

「猫」

ゴーシュに罵倒されっぱなしだけど、いっこうに
それを気にとめない大物です。
賢治は心底嫌いなようですが、私なら飼いたいな、こんな猫。
小さいけども、固いしっぽに錘をいれているので
しっかり立ちます。

go_3.jpg

「かっこう」

天井からぽろんと落ちてくる、という登場のしかたが
なんかトリっぽくない。
でも言っていることが非常にまともだと思います。
(ゴーシュが怒るほど図々しいとは思わないけどなー)
地味な人形ですが、本当にこんなかんじのトリです。

go_4.jpg

「狸」

この子が一番かわいい。読んでいるだけでかわいいです。
文中では、譜面と棒きれは背中にゴムで止めて背負ってきます。
でもその状態で歩いても、すぐ落ちてきそうな気がして
人形には手で持たせました。

go_2.jpg

「野ねずみ」

消しゴムぐらい小さくて”笑える”、という子ネズミ。
息子の筆箱の消しゴムを横目に作りました。
小さい物を小さく作る、という当たり前で気楽な作業。

このゴーシュセットは11月15日~20日まで京都で
開催される「フェルトまつり2008」で展示されます。
もちろん主宰はスピンハウス・ポンタさん。

16日の夜に行われる「質問座談会」には
トップレベルのフェルト作家さんたちに混じって
なぜか私も参加させていただきます。
(ぎゃー、大丈夫か。)

もし興味のある方はご参加いただき、なんでも
おたずねください。なんでもお答えします。

ゴーシュ・その2

  • 2008/10/07 12:07
  • Category: works
完成したゴーシュ・セット。

go_1.jpg

これは私がいつも通りに自宅で撮影したもの。
スピンハウスで撮っていただいた写真は
捉え方がずいぶん違って、新鮮でした。

背景には水車(ハマの水車をモデルにしています。)と
小屋のシルエットと、木。
水車の下には布フェルトの川。

どの動物を作るか決められず、結局全部作って並べました。

ゴーシュの近影。

go-syu_2.jpg


彼の着ているシルクのシャツが、好きです。
動物の個別写真も、また次にUPします。

セロ弾きのゴーシュ

  • 2008/10/06 18:04
  • Category: works
遅ればせながら、9月に発行されたスピナッツ71号のお話を。
完成した冊子を送っていただいたのは先々週ぐらいでしたが
なにぶんギリギリで乗り越えてきた9月だったので
読み出したのは、やっと今日。
いやー、おもしろいです!ポンタさん。
どこがどうおもしろいか、いちいち伝えたくなっちゃいます。

そして、私の作品を載せていただいた記念すべき一冊でもあります。
たいへん綺麗な誌面を作っていただきました・・・感激。
嬉しいので、くどいほどアナウンスしちゃう。

ポンタさんとは、まず、作る人形のテーマから話し合いました。
やはり、日本の童話がよいね、と。
「賢治しかない。」とすぐにストンと結論は出るのですが
以前poppetさんと2人展をしたときも宮沢賢治でして、
あの時の苦悩&苦悶がトラウマになっていたので
最初はしりごみしていました。

「セロ弾きのゴーシュ」は少々の異国情緒をもって
書かれた作品ですが、自然と繋がりをもって芸術(感情)を
昇華させる感覚は、とても日本らしい。

話の中に出てくる音楽も、すべて譜面が実在しないらしく
既存のイメージを嫌った賢治は、音楽も「想像」を要求します。

そして私は、なにひとつ頼りにする音楽もさがさずに
草原に廃棄された木の船の写真を見ながら
ゴーシュを作り始めました。

ゴーシュは街までセロを担いで演奏に行きますが
住処は村はずれの小さな川のそば、壊れた水車小屋です。
バケツに汲み置いた水をコップにザブッと入れて、ごくごくと飲む。
昼間は家の外をブラブラして、夜にセロを弾く。
そんな所在ない生活は、まるで場違いに放置された廃船と
同じように感じられたのです。

文中のゴーシュは、すごい形相でセロを練習し
動物に尊大な態度も見せます。
でもきっとそれは、賢治自身の投影であって
他人から見れば、おそらく不器用で凡庸な男性だったでしょう。
非常に冴えない男として、ゴーシュを作りました。

長々とした文章ですいません。
次回写真をUPします。


指にどうぞ

  • 2008/10/03 16:47
  • Category: works
グラマラス・エリアの展示用には、あと2点作りました。
”化け猫”はちょっと、という方のために用意したつもりが
いざ完成させるとやっぱり、ちょっと恐い顔かも。
でもコイツたちは私好みです。

「ゆびねこ」

yubineko_1.jpg

指人形なのです。
でも背が高め(?)だから、すこし指の上があまります。
いや、私の指が短いからかな。

yubineko_4.jpg

帯揚げが無いので、まあちょっとアレなのですが
猫なので鈴の根付けを付けておきました。
(鈴はなんと、アメリカ製。)

yubineko_2.jpg

和風、というのは「丸い」ということなんじゃないかと
思い至った今回のテーマでした。

yubineko_3.jpg


つやねこ・続き

  • 2008/10/01 20:00
  • Category: works
「つやねこ」の写真いろいろ、です。

tuyaneko_1.jpg

tuyaneko_3.jpg

帯はリバーシブルの昼夜帯です。前で少しひねって、裏を見せています。
瞼と口元に、ヒゲをモシャッと付けています。
分厚くなってしまうので、残念ながら単衣の着物。
袷だったら、足下の裏が見えたときに素敵なんだけど・・・

tuyaneko_4.jpg

下の台には、よろけ縞っぽく彫りを入れています。

総体的に、一つのハードルを越えられたような満足感があって
嬉しい人形になりました。

家人は「化け猫」と呼びつけていますが、それは正しいかも。

あと2点出品予定なので、また後日UPします。

**********

昨日「人・形展」の搬入を無事済ませました。
私も含めて、「はじめて出展します。」という方が多く、
とにかくいろんなタイプの人形が見られる展示になっています。
特に男性作家さんの作る作品は、ダイナミックでいいな!
一番のお薦めは私の隣に展示されている景山多栄子さんのお人形。
可愛い!!と絶叫してしまう逸品です。

夜9時まで開場していますので、ぜひみなさんも
お立ち寄り下さい。

Pagination

Utility

星のこども

プロフィール

スズキ@羊毛倉庫

  • Author:スズキ@羊毛倉庫
  • 羊毛とフェルティングニードルで
    人形を作るための、メイキング・ブログ。
    羊毛工作人のスズキが、
    たま~にご案内いたします。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ +

2017年 08月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 06月 【2件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【9件】
2014年 09月 【9件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【5件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【17件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【2件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【4件】
2008年 11月 【8件】
2008年 10月 【10件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【6件】
2008年 06月 【21件】
2008年 05月 【7件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【13件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【5件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【9件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【9件】
2006年 04月 【2件】
2006年 03月 【3件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【4件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【3件】
2005年 09月 【2件】
2005年 06月 【1件】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。