スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピノキオ、お披露目。

  • 2008/08/22 13:44
  • Category: works
ピノキオの写真、UPです。

v_p_1.jpg

身長は28cm。
以前作ったものより、ひとまわり小さくできています。
首は360度回ります。(グルグルです。)

大人数での受講になるので、服の型紙を個々人で作るのが難しく
残念ながらショートパンツは着脱不可になってしまいました。

でも、シャツがおもしろいんです。
シルクガーゼと羊毛を使い、それぞれのピノキオにフィットするよう
石けん水でフェルト化します。
これは人間用の服作りと同じ方法で作るし、着せ替え可能です。
神経質な型紙などは不要で楽しい!

v_p_3.jpg


首にストールを巻いて、帽子も被らせてみました。
帽子は時間に余裕があれば、作ります。

v_p_2.jpg


受講希望者さまに、気にいっていただけるといいなー。

スポンサーサイト

ヴォーグ学園の申し込み開始

すいません、取り急ぎご報告いたします。
(ピノキオサンプル画像は明日アップの予定。)

ヴォーグ学園での10月から開始される講座の受け付けが
昨日より始まりました。

おかげさまで、残席わずかです。
本当に、嬉しい。ありがとうございます。
ですが、迷っておられる方は、近日中のお申し込みをオススメします。

横浜校から引き続き受講される方と、私個人の教室から受講される方は
その旨を申し込み時にお伝えいただけますと、入学金が免除されます。
これは大きな違いですので、どうぞお忘れなく!

そして、それと同時にお薦めしたいのが、道具です。

ピノキオを作るのは、難しくはないけど確認の作業の連続です。
良く切れるハサミと鋭く貫く毛糸綴じ針があると、すごくはかどります。
ハサミはクローバーのキルト用が、握りやすくて鋭く、お薦め。
私も2本持っています。
針は「シャープポイント」という先の尖った綴じ針が必須です。
この二つは、いろんなクラフトをする方なら後々まで重宝します。
何本かのセットなので、生徒さん同士でシェアされるのもアリです。

受講前にヴォーグ学園に申し込んでいただけると、1.5割引きで
ご足労なしにお買い求めいただけます。
(ユザワヤでも通常1割引きなので、お買得です。)
良い道具は一度持つと、それを作ってくれた方に感謝の念が湧くほど
自身の創作範囲が広がります。
道具を大事にする意識にもつながります。

値段的には少々決断が必要ですが、あくまで庶民感覚の講師としては
損の無い買い物になると思います。
ぜひ、ご一考ください。



肌色サンプル

今年は本当に暑い夏です。7月からもう、バテバテでした。
ハッと気がつくと、床で寝てしまっているというありさまで
夜中に暑くて飛び起きて、クーラーをつけてしまうこともしばしばでした。


ピノキオのサンプル作りに励んでいたここ最近、いろいろとわき出る難問を
クリアするには、あまりにもその制作スピードが遅すぎ!

作る前からどうしようかなーとまず悩んでいたのは、ピノキオの肌色。
生徒さんの人数分、同じ色が必要になるのですが
市販の「肌色」と売られているカラー羊毛は、生きた色とはほど遠いのです。

私はいつも、自分で植物染めをした羊毛を2~3種類使って
肌色を作ってきましたが、この方法ではキットの分量をまかなえません。

そこで今回に限って、市販の色の組み合わせで肌色を混色することに
きめました。
使ったのは京都・金の羊さんの染色メリノです。

skin_col.jpg


実は”どの羊毛を使えば綺麗な肌色になるか”というのは
過去に何度も質問をうけたことがあります。
これは残念ながら、責任持ってきちんと答えられない問題で
市販の羊毛だけでは、私の提供する肌色はやはり出ないのです。

今回ピノキオに使った肌色も、結局は写真の下段右の羊毛が植物染めです。
無くても悪くはないけど、人間特有の肌の表情が乏しくなってしまうので
あえなく断念しました。

肌色は、大事な大事な色です。
この暑さの中、4色をハンドカーダーでこつこつと混色する作業には
ウンザリしますが、どうしても手を抜くわけにはいきません。
体中にまとわりつく羊毛の繊維がうらめしく感じるけれども・・・
がんばるのだ。

まるで合わせ鏡のよう

先週のヴォーグ学園で、無事完成したライオンちゃんたちをズラリと並べてみました。
まだできていない方もおられますが、すべて揃わずとも十分壮観です。

s_lion_1.jpg


色が馴染みやすいせいもあるけど、一列に並べてしまうと
ちょっと区別がつかなくなるほど。
どの子もすごくよくできています。カーワイイ。

s_lion_a.jpg


横浜校での講座は、9月で終了します。
そして、10月からは市ヶ谷の東京校にて全10回の本講座が始まる予定です。
隔週水曜日の夜間、1回2時間(6時半~8時半)×10コマで作る課題は
実はたった一つだけ。

関節を持ち、服の着せ替え可能な「ピノキオ人形」を作っていただきます。
かなり宿題が多くなると思いますが、おそらく本講座以外で教えることは
(メンドウなので)当面ないと考えています。

関節は単純なものですが、動きの仕組みがあるので
確認の作業が多少やっかいですが、完成したときの喜びは
普通の羊毛の人形とは比べものにならないことでしょう!

今は講座用にサンプルを作り直しているところで、いろいろと改善点も
明らかになり、スムーズに製作が進むように、準備するべきものも
見えてきました。
サンプルのピノキオ君が完成すれば、すぐ画像をアップします。

募集は8月の下旬頃かと思いますが、詳しくはわかりません。
ヴォーグ学園へ直接お問い合わせいただけますと幸いです。

ポーニョ、ポニョ

<ネタバレはありませんが、たいへんヘラヘラとした雑記なので、
興味のある人は以下を反転させて読んでください。>

ナニカと話題のポニョ、本日観てきたナリよ。
夏休みの品川は、恐ろしいほどその夏休みぶりを発揮していて
シネコンは吸っても吸ってもまた湧き出でるように子どもとその面倒を見る
大人で溢れていました。

どうしても感想文をblogで書きたくなっちゃった理由はやっぱり、「よくわからなかった」からで
なぜわからなかったのか、ずーっと考えていたんだけど・・・・

たぶん時代と文化が違いすぎて根本的に理解が難しい”遺跡”を見に行ったような気分です。
いきなりどこでもドアでマチュピチュに行っちゃったような感触。
「ここがお風呂でここがトイレ」とガイドされても、空気薄いし実感ないです!って考えちゃうような。

宮崎さんはたった1人で独自の「文化」を作っていて、その大成した歴史を今回の映画に投影した
というべきなのかしら。

正直言うと、思想的には実写ならばもうすでに何千と繰り返されてきた映画でしかなくって
決して未知・未来ではあり得ない映画。
宮崎さんは今後も注目すべき大人物だけど、すでに過去の人でもあって
ご本人が嘆くほど未来はきっと、くだらないだけの一方向には進んでいないはずです。

でも、あえてこういうのを世に問う、その自負と自信が観る人を動かして
遺跡発掘=謎の解明へと誘うのかしら。

映画が終わった小さなこどもたちは、「ポニョに会えた」と喜んでいました。
どんなヒーロー映画であっても、(活躍を期待するのではなく)映画館にただ会いに
行くっていう身近な感覚はなかなか難しい。

私もきっと、何を具体的に思うでもなく会いに行ったうちの1人なんだと思う。
あーでも、なんだかんだで「未来少年コナン」が一番好きなんですけど。

南へ

南の島へ、行ってきちゃった。
そういうがらじゃあないのは、百も承知。でも行ってみたかったんだよ。

ビーチで遊んだり

mol_3.jpg


mol_6.jpg


プールで遊んだり

mol_7.jpg


洗濯物干したり

mol_1.jpg


カタマラン(小さなボート)に乗ったり

mol_5.jpg


散歩したり

mol_2.jpg


陽射しの強さに頭も溶けて 海ってこんなに綺麗なのものなのか、とばかり思っていて
人形のことなんてチラリともよぎらなかったし
日本に残してきたものもみんな思い出せなかった。

帰ってきてからも、時差ボケも手伝って まだちょっと難しい。

Pagination

Utility

星のこども

プロフィール

スズキ@羊毛倉庫

  • Author:スズキ@羊毛倉庫
  • 羊毛とフェルティングニードルで
    人形を作るための、メイキング・ブログ。
    羊毛工作人のスズキが、
    たま~にご案内いたします。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ +

2017年 08月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 06月 【2件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【9件】
2014年 09月 【9件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【5件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【17件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【2件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【4件】
2008年 11月 【8件】
2008年 10月 【10件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【6件】
2008年 06月 【21件】
2008年 05月 【7件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【13件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【5件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【9件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【9件】
2006年 04月 【2件】
2006年 03月 【3件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【4件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【3件】
2005年 09月 【2件】
2005年 06月 【1件】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。