fc2ブログ

6月10日ー18日まで、銀座での展示のご案内

  • 2022/06/12 14:07
  • Category: notice
銀座の靖山画廊さんの2階には、GALLERY凸という1作品しか展示しない場所があります。
そこでやはり、1点だけ人形を置かせていただきます。
https://art-japan.jp/exhibitions/7320/

「スペシャルな場所なので、スペシャルな作品を」と言われたとき、1点でいいなら楽だなとしか
正直考えていなかったのです。
いや、楽というのはおかしい。作ることに楽なことなんて、あった試しが無い。

全然違う3つラフ絵を描いて、夫に見せた。どれがいい?と。
「タコ足のスカートが可愛いキャラの少女」と「竜を使う少年騎士」、そして実際に作ったこの青年。

deco1.png

『 新しい朝 』

私の家の新しい炊飯器は、炊きあがると無機質な”キラキラ星”が流れる。
たいして造詣もないのに、クラシックの名曲のぞんざいな扱われようが、たいへん気の毒だと思う。
だって私は知らなかった。毎日学校で流れていた昼休みを知らせる曲が、ドビュッシーだったことを。
初めて気がついたドビュッシーという”素晴らしいドア”をひらくと、とても密やかで眩しい朝が来る。
ピアノの音が大嫌いだったのに、今はピアノ・ソナタの響きでどんな感情でも引き出せる。

この人形はシンデレラをもとにしている。
おとぎ話もおひめさまも話の中では因習と道徳に囚われ、幸せな結婚以外の選択肢は無い。
だけどそこに、”素晴らしいドア”が無かったはずがない。

***

18世紀のフランス貴族のファッションにしようと決めてから、今年の4月に渋谷であった
「半・分解展」の開催を楽しみに待っていた。

個人収集家が集めたアンティークの服を、実際に触ったり着たりして確認できるというのが
一番の魅力だけど、会場でのハプニング性の高さも楽しかった。
主催者が予定外のレクチャーを始めたり、試着した客がファッションショーのように会場を歩いたりする。
拍手が起こる。展示用のボディとハンガー、型紙と写真が会場を離れたあとも頭の中を巡る。
結局5時間くらい滞在したけど、おそらく展示内容の4割もきちんと見られていない。

そして、貴族はたいへんだ、と思う。
ヨーロッパ人も昔はからだが小さかったと聞くけど、子供の服のように小さくて細身の服ばかりが目立つ。
享楽的なロココのイメージとは遠く、男性は常に剣を磨いて戦場に出る準備をしないといけない。
バレエは当時の男性貴族の嗜みで、そこから美しい所作と作法が生まれる。
出会ってすぐに帽子を脱ぐタイミングと優雅さだけで、その人の価値が量られる。
使用人がいなければ服の着脱もままならないのは、袖口すらもあまりにギリギリに作られているから。
ほんと、たいへんだ。

deco2.png

人形は最初から、アビ(コート)を着せないつもりでいた。
和服でいうならば帯を締めずにウロウロするようなもので、とてもプライベート感が強くなる。
シャツは2〜3のアンティークシャツの型紙を参考にして、縮尺を再考して人形用の型紙にした。
クラバット(タイ)で見えないけど、一応高めのスタンドカラーがついている。

シャツの上はウエストコート(ベスト)。前身ごろの半身は、3つのパーツをつなぎあわせてある。
なぜなのかは、ちょっとわからない。けど、たぶんそのほうがシルエットがきれいになるからかな?
アビを着るとウエストコートは前からしか見えないので、背面の布は造りも簡素なのが通常で
この人形のような太巾のリボンを使われることはないけど、細いリボンや華奢なベルトで締める。

そう、リボン。当時の服はほとんどがリボンとボタンで身にまとう。
男性のかつらは白粉をはたいて黒いリボンで結われているし、おしゃれな若者は手首に必ず
黒いリボンを巻いて肌の白さを強調していたらしい。
全体的なバランスから、黒いリボンはやむを得ず選ばなかったけど。

リボンの色にも意味があって、思う相手にそれを贈る。
リボンの色を見た周囲の人間は、その贈り主を口元を隠した扇の裏であれこれと噂する。

今の紳士服でリボンといえばタキシードに合わせるエナメルくらいしかパッと浮かばない。
けれどあの浅く織られた細長い布には、思った以上に人の心が込められてきた歴史がある。

ウエストコートの刺繍はレースから切りとった刺繍を縫い付け、シルバービーズとスフレガラスのビーズを
上から縫い込んだ。スフレガラスのビーズはアンティークのもので、繊細だけど今回始めて使用してみた。
目についた時に買っておいて、ほんとによかったなと思う。他に相応しいものが思いつかない。

大きいサイズの成人男性を作るのが初めてだったので、全部完成してから分解して足を短くしたり
女性の靴も布を貼り直したり、髪の毛をすべて作り直したりと、大幅な手直しを繰り返した。
もはやなぜこれを作り始めたのかは、霧散している。

ものを作る人にはわかるだろうし、知ってほしいと思う。
時間さえ許すのならば、つくりたい、という気持ちを手放してはいけないと思う。
本来のモーツアルトのきらきら星は、軽やかに美しい曲なのだから。

【ありがとうございました】個展終了の報告、など

「これが一番、お前(の人形)っぽい」と夫が言いました。
会期前のことです。

『 冬の海 』

m_kaji_1.jpg

羊毛で人形を作って、股引を履かせて詰め襟のシャツを着せ、着物を縫って着付けて、帯を締める。
羽織を縫って着せて羽織紐をつける。木と古布で下駄を誂えて履かせる。
題材は昭和初期の小説。
たぶん、わざわざ羊毛でそんな人形を作る人はいないかもしれない。

あまり良い言葉を思いつかないので、意図が曖昧になってしまうけれど。
次の写真までは、読み飛ばしていただいたほうがいいかもしれない。

作家稼業は頼まれもしないのに作ることから始まって、人に見てもらって求めてもらって
なんとか息を継ぐ。
その到達点で言えば、今回の展示のタイミングはベターとは程遠い。
誰もが見えない毎日と戦っているのだから。
でも来年か再来年になればというベターも見えないし、作るだけでは息ができない。

作るというのは、細く長く息を吐き続けることだと思う。
たいした肺活量も無いのに、なんのためにそんなことをするのかと思う。
だからどうか、挫けそうなことを言わないで欲しいのです。

niifinearts.png

ご来場いただいた方々、人形を求めてくださった方々へ。
ご不自由な思いをさせてしまって、申し訳ありませんでした。
そして、ほんとうにありがとうございました。
たくさんの感謝を、改めて申し上げます。

3年前

  • 2020/11/26 11:07
  • Category: works
『 海猫 』
kaibyo_2.jpg

ああ、このアクリルビーズパーツを猫の首に付けたいなぁ。
海のモチーフだから、海に住んでいるネコ、だな。

そう考えてビーズを買ったのが3年前だと思うのです。
その半年後に作り始めて、できあがった素体のサイズが小さすぎて
もう一度最初から作り直したんだよね、確か。

鱗用のフェルトシートを染めて幅5mmの鱗をつけて、植毛したところでまた手が止まって。
猫のシルエットが悪すぎて見るのが辛い。そうしてまた半年箱の中。

鱗を全部潰して足を延長するところから手をつけて、やっと完成しましたが
肝心のビーズは似合わなかったので使いませんでした。

kaibyo_1.jpg

もちろん、こんなことわざわざ書くほどのことではないのです。
だけど「ああ、なるほど」という共感もたまには欲しいと思うモノ。

もう売っていない毛糸や、藍染のフェルトシートや、何度も入れ直した瞳。
いっぱいある制作過程への思い出は、たぶん”愛着”と呼ぶのが一番近い。

作るということが、好きなんです。

そうだけど、あっている。

  • 2020/11/24 17:52
  • Category: works
東京で小さな分譲マンションを買ったとき、ベランダで少しハーブを育てたことがあります。
でも、なかなか上手くいかなくて。
その頃のお母さん仲間が、東向きのベランダでワサワサとグリーンを育んでいるのを見て
うーん、不器用な私はコレ(植物栽培)もダメなのかもしれないなぁ、と思いました。
誰にでも、よくある話です。

grn_1.jpg

染めがやりたくて藍を3年育ててみて、それを活動として少しは地域に還元できたと思います。
小さな子がいる仲間で、一緒に藍を染めるのは楽しかったから。

grn_3.jpg

多肉植物は、見た目の可愛さを裏切る難しさがありました。
当時この”緑の太鼓”と称される観葉植物を探しても、なかなか現物に会えなかったので
今もって未見なのです。

でも、ある日見た白昼夢に出てきました。
その夢の中の植木鉢には、とても静音な体がありました。
ドラムを作るために、たくさんの丸を切っては縫って羊毛を詰めて
その他にやるべきことは、思いつきませんでした。
そういう思いが、ここに今在るというだけの話なのです。

信念といえばふさわしいのか

  • 2020/11/23 06:58
  • Category: works
個展開催直前に、「東方の三博士」をつくりました。

『 3MAGI 』

magi_4.jpg

幼い頃に読んだ偉人伝の「イエス・キリスト」は、新薬聖書ではなく
淡々と平仮名で平易な言葉が連なった伝記小説でした。

magi_3.jpg

”世界の王が生まれる”という星の導きにより、遠方より来訪した3者。
メサイアの存在を尊ぶというよりは、学問的発見を確認するために
旅をする求道者のようで、憧れました。

magi_2.jpg

左から、バルタザール・メルキオール・カスパール。
年齢も人種も地域も違うのには理由があり、赤子のイエスに捧げる
貢物にも宗教的意味があるようです、が。

遠方より来て子供の誕生を祝い、何も求めずに帰途につくこの3人の姿が美しい。
旅する文系男子も、素敵なものです。

magi_1.jpg

会場では大きな星を目指して、絶賛旅しています。

Pagination

Utility

星のこども

プロフィール

スズキ@羊毛倉庫

  • Author:スズキ@羊毛倉庫
  • 羊毛とフェルティングニードルで
    人形を作るための、メイキング・ブログ。
    羊毛工作人のスズキが、
    たま~にご案内いたします。

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ +

2022年 06月 【1件】
2020年 12月 【1件】
2020年 11月 【8件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 06月 【2件】
2019年 05月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【4件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 06月 【2件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【9件】
2014年 09月 【9件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【5件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【5件】
2010年 05月 【17件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【2件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【4件】
2008年 11月 【8件】
2008年 10月 【10件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【6件】
2008年 06月 【21件】
2008年 05月 【7件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【13件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【5件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【9件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【9件】
2006年 04月 【2件】
2006年 03月 【3件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【4件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【3件】
2005年 09月 【2件】
2005年 06月 【1件】