羊毛倉庫の日々

オルゴール展に出品しました

桐生にある人形とオルゴールのお店「とおりゃんせ」さんでの、1年に一度のオルゴール祭。
作家各人が好きな音楽を選んで、世界に一つのオンリーワン・オルゴールを作り上げます。

久しぶりに木工と格闘しましたよーっ。

納得いかなくて作り直したり、他の仕事の納期があったりして
とおりゃんせさんへの納品がすごく遅くなってしまいました。
そして、告知も遅くなってしまいました。すいません。
今頃はお店に到着しているはずです。
会期終了まで10日ぐらいですが、よければお立ち寄りください。

曲は、だれもがピアニストになれる名曲の『ねこふんじゃった』。
作曲者は不詳ですが、全世界で広く親しまれています。

waltz_1.jpg

昔、刑事コロンボでピーター・セラーズが「私だってピアノぐらい弾けますよ」と
披露していたエピソードが大好きだし、昔好きだった男の子もふざけて弾いてたな。

waltz_4.jpg

この楽譜はたぶんドイツ語で、「ノミのワルツ」と題名にある。三拍子じゃないのにワルツかー。
国ごとに題名は異なっていて、フランスでは「カツレツ」と呼ばれているらしい。
食べ物なんだー。

waltz_3.jpg

ピアノの後ろにリューズがあるから、それを巻いてね。
このピアノは木製で、ギュッと掴んで圧がかかっても大丈夫なように
ガッチリと作りました。あんまり上手じゃないけどね。

waltz_2.jpg

黄色い猫の指揮棒で、女の子が”ふんじゃった〜”と歌っている。そんなかんじ。
猫をふんだのか、猫がふんじゃったのか、ちょっと悩んだけど結論は抜きでいこう。


不意なお休みもあるお店ですので、ご来店の際はお電話で確認されることを
おすすめします。






  1. 2016/06/17(金) 17:00:00|
  2. information
  3. | コメント:0

「明治村」探訪記

前回記述した名古屋校の生徒さんのグループ展に伺った。
自分が撒いた種がどんな風に育ったのか、その収穫物を実際に見ようと思ったから。
そのついでに、ふと頭をよぎった。
明治村。ヴォーグ学園の名古屋校へ行くようになってからずっと、行きたくてたまらなかった。
フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテルが見たい。
そして、やっとそれを確認することができたのです。

明治村へ着いてすぐ、村内バスで一番奥の帝国ホテル前まで。

meiji_4

ホテルはかつてのロビーしか再現されていない。それは知っていたけど、まさかここまでとは!

meiji_18.jpg

社会見学で来た小学生たちが、これでもかというほどにこの歴史的建造物を縦横無尽に走る。
この建物が東京にあったときには、そんな自由な叫び声は響かなかっただろう。
でも、ライトの意図は時代をのみこむようにそこに在って、いかなる者も受け入れる。

meiji_17.jpg

インドの古い寺院や城を見たときのような感覚。

meiji_16.jpg

これはもう、明らかに遺跡なのだと思う。

meiji_3

寒い2月の空気とまばらに歩く人々の中、私は泣いてしまった。

meiji_2

ずっと見たかった。だけど、直角に交わる直線の設計は
私の浅はかな想像を超えた、ライトの人間的なぬくもりや気遣いに溢れていた。

meiji_1.jpg

フランク・ロイド・ライトの世界各地に残された偉業は、老朽化に伴い
徐々に解体され、消えつつある。
だとすればこの場所は、もはや彼の聖域に近い。
神は細部に宿るというけれど、建築家はやはり神に近い。
  1. 2016/02/25(木) 01:13:32|
  2. notebook
  3. | コメント:2

【オススメです!】ヴォーグ学園名古屋校、生徒さんの展示会

昨年もこちらの彼女たちの展示のお知らせをしましたが、今回またそれぞれが力をつけて
名古屋・栄のギャラリーで展示会を開きます。
とても立ち寄りやすい場所なので、ぜひ行かないともったいない!なのです。

n_n_t_2.jpg

羊毛のなかま達

◯2016年2月11日(火)〜17日(水)
◯10時〜18時(最終日は13時まで)
ギャラリーチカシン(B室)
 〒460ー0003名古屋市中区錦3−16−10
 052−962−4675
◯出展作家:「ひつじのたね」の7名(GAN、sae、シバコ、スズキユウコ、HAHA、ミケ、rai*chi)

できるだけ見る人が楽しい展示になるように、いろいろ考えて協力している「なかま達」です。
会場の空間にはたくさんの羊が飛ぶ、というような話もちょっと小耳にはさみました。

でもなによりも、人形たちに会いに行ってあげてください。

n_n_t_3.jpg

n_n_t_4.jpg

n_n_t_6.jpg

n_n_t_1.jpg

n_n_t-7.jpg


すごいでしょ?
  1. 2016/02/04(木) 11:02:26|
  2. notebook
  3. | コメント:1

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

2016nenga.jpg

遅くなりましたが、昨年の個展へご来場くださったみなさまに
改めてお礼申し上げます。
ツイッターでつぶやかなかったことだけ、ちょっと言っちゃいます。

ほんとは個展用にまだ作りたかったものが、いくつかあるんです。
私の腹の下のほうに、執着の熾火がくすぶっているのです。

この猿もそうなの。
ワイシャツにネクタイを絞める手つきの猿と、その姿を映す鏡。
こんなふうにその人形を横から撮影する自分の目線。
その具体的で小さな眺めを、年末ゆっくりと形にしていきました。

ゆっくりだったので、元旦には届かないけど
少し画角の違う写真とデザインで送らせていただきました。

できれば、こんなふうにまだ頭の中にしか無いものを
今年は着実に現実へと導きたいと思います。
たくさん、あるのです。


  1. 2016/01/01(金) 22:41:18|
  2. notebook
  3. | コメント:0

個展の人形・その12

新作はこれでラスト。
今日、この子たちを仕上げました。

bchild_1.jpg

『おゆうぎ(1)、(2)』

お遊戯会のお披露目を、舞台袖で待つ子ども二人。
蝶々の衣装でおとなしくスタンバイしています。

bchild_2.jpg

白い表着はオーガニックコットンのボア。
やはり手触りが違います。

bchild_3.jpg

背中の羽にはシルクシフォンを布フェルトにしたものと、綿糸で格子に刺繍が入ったシルクを
挟んで作っています。

bchild_4.jpg

個展用の新作は以上ですが、あとは旧作と毛糸だまに掲載された人形で
計24点が展示・販売されます。

初日、購入希望者が重なった場合はプレビュー時間として17時より抽選が予定されています。
会期中は展示の人形がすべて揃っていますので、どうぞお気軽にお越しください。

私の在廊予定は13日(金)のみがDMに記載されていますが、時間を作って何度か
ギャラリーに行こうと思います。
その場合はツイッターでお知らせしますね。

*****

◯鈴木千晶個展

場所:東京/東銀座/靖山画廊

期間:11月13日(金)〜27日(金) 11時〜19時 日祝日定休
  1. 2015/11/12(木) 00:45:17|
  2. works
  3. | コメント:2
次のページ