羊毛倉庫の日々

教室展での新作

いやー、なんとか間に合った。

生徒さんみんな、とても苦労して「日本の話」というテーマに取り組んでいました。
私も自分なりに考えて、今まで見たことのない扉を開けてみたいと思いました。

mouko_2.jpg

『蒙古襲来絵詞』

有名な鎌倉時代の絵巻。元寇で九州の御家人・竹崎季長(すえなが)が
防戦した様子を指示して絵に表したもの。(→サラリーを上げてもらうためだとか。)

「てつはう」の文字がチャームポイントとなって、教科書に長年使用されてきましたが
実はこの箇所が江戸時代ぐらいの贋作が継いであることがわかってきました。

mouko_1.jpg

”ここに字を書いて爆発させていると、きっと可愛くて高く売れるよ”と
後世の商売人が付け足したのに、本当に関心してしまいます。
その萌えポイントは平成の今でも同じです。

大阪に持って行くね。
どうぞご来場ください。初日は16時ごろまで在廊しております。



  1. 2014/11/29(土) 13:27:31|
  2. works
  3. | コメント:2

30日からは大阪での教室展です!

今、絶賛追い込み中。

教室展でご覧いただけるものは・・・
新作でおもしろいのを一つと、「毛糸だま」に掲載していただいた
”モンゴルの少女”と”蛇踊り”(長崎くんち)を展示します。
(販売の予定はありません。)

そして、なによりも。

今回のテーマにした『日本のお話・日本人の書いたお話』
というのが民話・童話はもとより、現代作家まで幅広く設定していますが
生徒さんの作った子たちが、本当に可愛くて楽しいのです!
世界観の完成度がかなり高い作品もありますが、とにかく愛おしくなるような
小さな子もいます。

ぜひぜひ、ご来場ください。ほんとに見ていただきたいです。
心よりお待ちしております。

huga.jpg

  1. 2014/11/29(土) 02:45:53|
  2. notice
  3. | コメント:0

上野動物園のポスターに採用していただきました

西荻窪での3人展も無事終わりました。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!
影山さんとふたりでしみじみと片付けをしながら、「こんなふうな展示は、もうきっとできないね」と。
やっぱり自分たちでつくり上げる展示は、ものすごくエネルギーが要るから・・・
もっと在廊したかったなー、来ていただいたみなさんとお話がしたかったです。

***

話が変わりますが。
私が東京に引っ越しをした当初、行きたいところがいくつかありました。
まずは日本のどこよりも早く映画が上映される、渋谷のミニシアター。
そして、上野動物園!当時、日本で動物の行動展示の最先端を見られることと
やはり飼育する動物のキャパシティが広くて感動しました。

その後も何度となく上野動物園に足を運び、子どもが生まれてからも一緒に通い
迷子になった息子を事務所で預かっていただいた恥ずかしい記憶もあります。

作家として活動するようになってから(特に近年は)、作りたい動物を観察するために
ひとりで仕事の前に1時間だけ寄っていくこともありました。

そうしてたくさんお世話になった思い出の多い上野動物園の、2014年冬のポスターに
羊毛倉庫の作った羊の人形を使っていただきました。

上野駅公園口を降りて目の前の信号を渡るとすぐ、さっそくポスターが見えます。

uenozoo_2.jpg

上野公園をまっすぐ直進する合間にも、掲示されています。

uenozoo_1.jpg

uenozoo_3.jpg

もちろん上野動物園ゲート付近や、園内の立看などにも使用されています。
あとは都内公共の施設や上野の美術館・博物館にも掲示されます。

そして、園内には無料で持ち帰られるポストカードも。

uenozoo_4.jpg

↑これ、デザインはもちろん紙質もこだわりがあって、とてもオシャレです。
11月30日から始まる大阪の教室展では、ポスターを貼って
ポストカードもお持ち帰りいただけるようにしますね。

このポスターに使用していただいた羊さんを、12月16日(火)〜2015年1月18日(日)
まで上野動物園の西園・子ども動物園にある「まがりや」にて展示していただきます。

寒い冬でも園内は休憩できる場所が多いし、爬虫類館は温帯植物もあって温かいので
ぜひご来場ください!
  1. 2014/11/26(水) 19:35:58|
  2. works
  3. | コメント:5

TOP TEN HITSの人形は:その5

今回の展示最後の人形です。

tths_10.jpg

「パラダイス銀河」
1988年/光GENJI

光GENJIが登場したとき、あまりにもその存在が唐突過ぎてどう考えていいのかわからなかったのよね。
派手な衣装で頭にバンダナ、ローラースケートでステージをグルグルまわって
メンバーの顔すら覚えることば難しかった。

好きになれないまま忘れていたら、映画『嫌われ松子の一生』で人生に見捨てられた松子が
最後に見出した希望の星として光GENJIが登場したので二度目のビックリ。

子どもを産んで30過ぎてから「ガラスの十代」をラジオで聞いて、三度目のビックリ。
ものすごいアイドル萌えを感じてしまいました。
夢と元気と若さにあふれた歌と、最高のオケ。
パラダイス銀河では”しゃかりきコロンブス”という斬新な言葉の発明もありました。

あの元気なかんじを、とにかく出したくて。
どうでしょう、ピチピチしてますか?

tths_11.jpg


*******

「TOP TEN HITS」
参加作家:うえのえみ・影山多栄子・羊毛倉庫
◎11月20日(木)〜25日(火)
◎東京・西荻窪Gallery MADOにて
◎11時〜18時(最終日は16時まで)
  1. 2014/11/22(土) 22:00:00|
  2. works
  3. | コメント:2

TOP TEN HITSの人形は:その4

気がつけば、今回テーマにした曲で唯一の女性ボーカル。
でも、何よりもまず彼女の歌は絶対に作ろうと思っていたんだけど。

tths_3.jpg

「赤いスィートピー」
1982年/松田聖子

今思うと、聖子ちゃんたったひとりが”アイドルは超歌がうまくてもいい”という門をくぐった。
与えられた「カワイコブリッコ」という最高のキャラクタと楽曲と、彼女自身の実力と輝き。
男を夢中にさせる手練をキラキラしながら歌う眩しい曲に、目が眩む。

tths_4.jpg

「男の人のこんなとこがカワイイよね」とときめく彼女の歌は
ほんとは幻覚のような恋愛世界で、かえって男性への信頼が揺るぎが無いような気もする。

影のある中森明菜ちゃんのほうが、ずっとずっと好きでよく鼻歌うたっていたけど
ああもう、ほんとに、聖子ちゃんは最高過ぎるんだよな。
  1. 2014/11/21(金) 22:00:00|
  2. works
  3. | コメント:2
次のページ